2017/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


青春てすごい。青春てすごいぜ。ほんとに。
きれいなものなんかじゃないところがすごいぜ。

照りつける夏日差しに浮き上がる、雨上がりの空き地。
むせかえる青臭さ。雑草だらけのぬかるみ。汚れた靴。
きれいなものなんかじゃないけど、その景色は五感をいっぱいにする。

そういうものを見ていたい。ずっと見ていたい。

背伸びする朝がすきだ。
走り出す昼がすきだ。
笑う夕暮れがすきだ。
歌う夜がすきだ。
そっとささやく夜明けがすきだ。

1日の中の、どこにクライマックスがあったっていい。
人生の中の、どこにクライマックスがあったっていい。

おれはずっと、青春に憧れているままだ。
思春期が終わらないとうそぶき、傲慢さや幼さにしがみつく。
痛々しい思想も、思い込みの純粋さも、潰れた声も、恥ずかしい時は、ある。
おれの砂時計には、水が混ざっている。泥水が落ちていく。
ボタボタと音を立て、後悔しながら過ぎた時間がある。

だけど、たぶん、生きててよかったと思った時間も、たくさんあった。
今この瞬間が青春だと、そう思った瞬間はたくさんあった。

相変わらずおれは青春中毒。

もっとやっちまいたいぜ!!!



久しぶりに更新したと思ったらこの感じかよ(笑)
友達にすすめられた「あの花」というアニメを見たせいかと思われます!(ネタばらし)


先日、昼メシになか卯でカレーを食った時のことだ。。

大盛にすると490円で「結構高くつくなあ」なんて思っていた。
しかも食い始めるとライスが思ったより少ない。
おれはカレーなどを食うとき、常にルーとライスの割合を一定にしたい派だ。
あらかじめ50:50で設定されていたのなら、最後の一口まで50:50でフィニッシュしたい。

そんなおれの願いも空しく、ライスはみるみる減り、
いつのまにか、ルーという海にぽつりと浮かぶ小さな孤島のようになってしまった。

んで、仕方なしに130円を支払い単品で白飯を追加。
これが予想よりデカい。
牛丼とかを盛るのと同じサイズのどんぶりでくるんだもの。

カレー皿にドサッとライスを落とす。
ライスの孤島は一瞬にして再開発が行われ、ルーの海は埋め立てられていった。

と、遠まわしに言ってますけども、まぁ、お察しのとおり、
ルーとカレーの割合が逆転し、より残念なカレーライスのできあがりですよ。

しいてよかったことをあげるならば、食い終わって店を出たとき、
「620円でこんなに腹一杯とは、安くついたなぁ」と、
なぜか最初より払った額が多いのにお得感があったという点だな。

教訓:カレーは普通盛りで、ライスは別注すべし。


ちなみに、最近はそばかカレーばかり食っています。そばが週3、カレーが週2くらい。
カレーとそばのセットメニューがある店を発見してあそこまで歓喜したのはたぶんおれだけ。

そんな、暑い夏にもリピートされちゃうようなライブがしたいです。




■ザ・トーキンバウチューズ ライブ情報■

7月のライブは2本!どっちもめっちゃ楽しみです!

☆7/21 下北沢屋根裏

久々の屋根裏!ライバル、カイザーストロングバーツと久々の対バン!
ギタリストが辞めて戦力ダウンを心配していたが、あっさり出戻りしたいみたいで安心ですね。
これでこころおきなくぶっ潰せます!

☆7/26 下北沢デイジーバー

対バンは
××ズ!
BOYS PURE SIDE!
THE BLIND LOTS!

めっちゃアツイじゃん。絶対損しませんから、ぜひぜひ!!
ブログもいっぱい更新しますから!!

今まで更新しないのはパソコンが死にかけてるせいにしてたけど、
新しいパソコン買っちゃったから言い訳できないから書くから!!


先日対バンした優雅灯というバンドに、ヒロコさんというキーボーディストがいる。

彼女は下ネタが苦手らしいが、なんだか不思議な人なので、
「のどちんこ」について話す時に、のどちんこをのどちんこ以外で言い替えられず、
結局「のどち○こ(のどちまるこ)」と発言するという道を選択した。

それはそれで、おれは非常にその状況を面白いと思ったのだが、
どうせ伏せ字にするなら、のどち○こではなく、
「のどちん○(のどちんまる)」の方が語呂がよく言いやすいじゃないか!
という考えが頭から離れず、結果として、弟に相談した。

弟が女の子(友達以上恋人未満)を家に連れてきた瞬間に。
キャッキャウフフと良い感じに盛り上がってやってきた瞬間に。
ソファーにだらしなく寝転がりながら。白クマの抱き枕をぎゅっとしながら。

「なーなー、のどちんこってさ、のどちまるこかな?のどちんまるかな?」

His love is broken !!

弟「どっちでもいいわ!」
兄「ちょっとまてよ!じゃあ、まるどちんこでもいいのかよ!」
弟「なんで『のど』の方を伏せちゃうんだよ!」
兄「マル・ド・チンコ。そこはかとなくフレンチな感覚」
弟「しらねーよ!」
兄「じゃあ、のどちんこまるは?余韻を伏字にしてみたんだけど」
弟「どうでもいいわ!」

ふと、女の子の方を見ると、うつむいて肩を震わせていた。笑いをこらえているのだ。
初めて訪れた友達以上恋人未満の男の家で、
その兄にのどちんこ攻めを食らってよもや噴き出すわけにはいかないのだろう。
かわいそうなことをした。すまるんかった。


電車でミラクルな口臭のおじさんと向かい合わせに。

「・・・・・・!?!?!?」

と思った瞬間、その僅か16分休符くらいの呼吸停止が災いし、
おじさんが息を吐くタイミングとおれが吸うタイミングが一致してしまった。

ふっと気が遠くなる中で、こんな窒息死だけは嫌だと思った。
どうせなら満月を浮かべた深い青緑の海に沈みたいと思った。



※おれはハミガキはちゃんとする派です。

※遅刻しそうな朝、転校生と曲がり角でぶつかるならパンではなく歯ブラシをくわえていたい派です。


 昨日はライブでした。
優雅灯のレコ発。
お客さんいっぱいでとても楽しかったです。

そんな中、MCで、

「二度とライブに来んな!」
「CDも買うな!」
「ホームページも見るな!」
「マイミク申請やめろ!」
「ツイッターもフォローすんな!」
とか言ってすいませんでした。
ただのツンデレです。

最後にもう一言。
ほんと、二度とライブに来ないで下さいね!!


んなことはさておき、呼んでくれた優雅灯に感謝。
キーボードのヒロコさんは、どこで気合の入れ方を間違ったのか、
我々、ザ・トーキンバウチューのロゴのタトゥーシールを作り、
セクシーな衣装の胸元にあしらう、という暴挙に出ていました。
嬉しかったけど。ほんと、ありがとな。


しいて後悔しているところをあげるとすれば、
リハーサルのあと、キーボードのふみと、ドラムのゆうとと一緒にメシを食いに行った時のこと。
辿りついた油そば屋が無料で麺の増量ができるシステムだった。
メシを残すなんてことはジェントルメンなおれたちにはできないため、
胃袋のサイズと満足感の兼ね合いを考え、大盛にするか特盛にするか散々迷った。
そして「3人で特盛1つと大盛2つにして、特盛から少しずつ麺を分ければちょうどいい」
という結論のもと注文したが、まぁ、案の定足りなかったのである。後悔。

「最低でも特盛2つと大盛1つだったね」と言いながらトボトボ帰った。
ごはんが大好きです!!あなたよりごはんの方が好きです!!

ちなみにベースのにーべは熱があるというので楽屋待機していたのだが、
おれ達が戻ると酒を飲んでた。なんてこった!ロックなヤツだぜ!


先日の下北沢デイジーバーでのライブに来てくれた皆様、どうもありがとう!!
それから対バンの眞猿、THE Roll&McCartney、ありがとう!!
スタッフさんもありがとう!!

とても楽しくやれました!!

MCでは非常にふてくされたことを言ってしまったけどもね!!

おれ「あれ、1バンド目のTHE Roll&McCartneyの時は女の子のお客さんいっぱいいたよな?」
おれ「なんで今いねーの?あぁ、アレか。イケメンじゃねーとダメか?」
おれ「それかアレか?バンドにデブが居るとダメか?」
ふみ(key)「バンドにデブwwwそれはダメだわwww」
おれ・にーべ(ba)「テメェのことだよ!」

↑ まぁ、お決まりの流れです。

次のMCでは、うっかり「今日は仕事帰りで・・・」とか「明日も仕事かよ」とか、
そんな根も葉もない嘘をついてしまいましてね。
嘘は良くないと思って慌てて訂正しましたよ。
本当は仕事なんてしてませんから。ロッカーが朝から仕事に行くわけねぇもんな!
おれァ女のヒモだよ。パチンコ行くから金ちょーだい、って言って暮らしてるよ。
どうだい、ロックだろ??

・・・・・・・。

仕事なんかしちゃっててスンマセンね!!


こんな感じでやけっぱちに喋ってたら、ライブ後、ブッキングの加藤さんに
「そのキャラ、いいんじゃない?自虐キャラっていうか・・・」
え、おれ今後自虐キャラ推してくの!?
おれの憧れたロッカー像はいずこへ!!


そんなこんなで、楽しくやっております、我々ザ・トーキンバウチューズ。

次回ライブは5月22日!池袋のRUIDOでやりますよ!!
面白いバンドも出るみたいですし、おれ達も気合い入れてやります!

だから絶対来るなよ!!来たら殺すぞ!!

↑ これもMCで言いました。えっとね、嘘です。来てもいいよ!!


・・・きてね。


あんま更新がないのに見てくれている方々、ありがとうございます。

最近はなかなか長文を書くヒマが取れずにいる。
かと言って短くまとめるつもりでいても、
いざ書き始めると何故かどんどん長くなっちゃうんだよ。
で、まとめきれず途中棄権。

結果あまり更新できないという悪循環になってしまっている。

一応、ツイッターなんぞも続けているのだが、
そっちはちょこちょこ書いている。
数ヶ月前までは「ブログがあるからやんないよ」なんて言ってたくせに、
今じゃそっちの方がずっと更新頻度が高い。あれれれれ。

そこでブログを更新しようと息巻いてみるものの、上記の通りうまくいかない。ふりだし。

そんな折、友人達に、おれのツイートは面白い、と言ってもらったのだ。
どうやら、ただのつぶやきというよりは、
考えられた1つのネタを書いてる感じがする、ということらしい。

確かにおれは、「腹減った」とか「満員電車なう」とか、
そういうシンプルなツイートはまずしない。
本来ツイッターとは、そういうごく個人的なつぶやきが連なることで、
コミュニケーションをはかれるツール、なのかなと思う。
だから「腹減った」だけのツイートを悪いとは思ってない。
ふさわしいツイッターの使いかただと思う。

が、おれは書きたくないんだ。
だって面白くねーじゃん。
おれが腹減ったという事実なんて、
人にわざわざ言うほど面白いワケがねーじゃん。

まあそんなわけで「人に見られるもの」と思えば、まあ多少は気を使って面白くしようとする。
つまりやってることや意識はブログと変わらないんだよなあ。
ただ、ブログは更新頻度あげるために短文を書こうと思っても、結局色々書きたくなって長くなってしまうが、
ツイッターではあらかじめ設けられた字数制限がうまいことストッパーになり、
割と頻繁に書けているようなのだ。

ということで、ツイッターに書いたことをブログにもフィードバックすることにした。
自分で「これはいいかな」と思ったツイートを拾い上げて、ブログ用に改変、少し追記して掲載してみます。

「うっは、これで楽して更新頻度うpできんじゃん!」的な思考ですけども。

まあ、ツイッターやってなくて、このブログだけ見てくれている人もいると思うので、
内容かぶるけど大目に見てくれろ!
もちろん、ツイッターに書いてないこともブログには書きますから。イタい思想とか。
心のゲロ袋でもあるからな、このブログ!

とりあえず4月分くらいまでまとめて更新しました。
良ければ見てくれると嬉しいですー。


そしてどさくさ紛れでライブ告知!
ザ・トーキンバウチューズ、本日ライブでございます!
下北沢デイジーバーです!
19時開演で、我々は19時40分くらいから出撃の予定!
久々にTHE Roll&McCartneyとやります!良いバンドよ!
是非とも見に来て欲しいです!
真っ白な夜に地下室で待ってるぜ!


職場の新人である凄いイケメンからメールが来たのだが、

「バンドのボーカルなんてモテそうですね!」
「モテるんじゃないですか〜?」

・・・などと書かれていた。

「うん、すっごいモテるよ!」
なんて凄イケメンを相手には嘘でも言えず、
返信に迷ったあげくシカトしてかれこれ4時間。



※ということをツイッターに書いたんだが、結局シカトは10日間に及んだ。


胃下垂を太らないから羨ましいというヤツは一度胃下垂になってみるといい。
大食い後にどれだけ腹が出てみっともない体型になるかを知った方がいい。

…まあ、デブよりマシだが。

デブよりマシだが。

デブよりマシだが。



うーん・・・。

毒舌や不謹慎系の笑いは嫌いじゃないが、
やはり自分が言ってみたあとはどうしても「うーん…」てなる。




※キーボードのフミくんには日々死ぬほどデブって罵ってますけどそれは心痛みません。


「イケメン多すぎ。もういらねえよ」

っていう妙な意見が出る職場にいるが、またしてもイケメンが入った。

話してみるとすごく爽やかで良い人そうだったので、
イケメンであることを心から残念に思う。
イケメンじゃなきゃ良いヤツなんだろうに。

まぁアレだよね、せめて臭いとかさ、そういうオプションをつけてくるべきだったよね。

で、そのイケメンと話している内に、
なんだか自分も彼のような爽やか好青年になったような気になった。

爽やかになったおれが爽やかに話していると、不意に、

「それにしても特徴的な声ですね」

と、ダミ声をいじられ、急転直下で現実へ。爽やかさなんてなかった。
やっぱりイケメンなんて嫌い!
まぁ「イケメンを見たら泥棒と思え」という、いにしえからのことわざが示すように、
イケメンなんてのは大概クソだ。中の上くらいの男がベスト。

すなわちおれより少しだけ下くらいの男こそ愛されるべきなんだよ。
おれは自分よりカッコ悪いヤツには優しいぞ!

……念のため確認するが、冗談で言ってるってわかってくれてるよな?



※実を言うと半分本気で言ってます。